社長あいさつ

「安全・安心を礎にチャレンジし続ける企業へ」

ビルの居住環境で一番大切なことは、安全な場所を提供し、安心していただけることであります。当社は、1984年に施設管理・電気設備工事を主な事業とする京阪グループのビルメンテナンス会社として産声を上げました。その後、清掃・警備・鉄道メンテナンス・建築内装工事等に業務を拡大してきましたが、あくまでも京阪グループの一員として、鉄道事業で培われた安心・安全のDNAの元で事業活動を続けております。

経済や産業構造に大きな変革の波が押し寄せる21世紀初頭にあって、ビルメンテナンス事業・総合工事業は、厳しいコスト競争にさらされています。その中で、当社は、長年培われてきた技術力をさらに磨き、更なる品質の向上・安全管理体制の強化・優れたコストパフォーマンスの実現にチャレンジし続けて参ります。
今後も全社一丸となってお客様のご要望に真っ向から向き合い、高い満足度を提供して参ります。 なにとぞ、倍旧のご支援ご鞭撻のほどをお願い申し上げます。

京阪ビルテクノサービス株式会社
取締役社長 尼田 賢光